スマホ用ページはこちら

文字サイズ

2018年スタート! 知ってはじめる「つみたてNISA」

つみたてNISA
4つのポイント

つみたてNISA(ニーサ)とは、2018年1月から始まる、NISAにつづく新しい“つみたて”用の少額投資非課税制度のことをいいます。
それでは、つみたてNISAの4つのポイントを見ていきましょう。

つみたてNISA 4つのポイント

運用した利益に税金がかからずお得!

株や投資信託などへの投資によって生まれた利益には通常20%(+復興特別所得税0.315%)の税金がかかりますが、つみたてNISAを使って投資をすると税金がかかりません。

通常20.315%かかる税金が、つみたてNISAは0%

非課税投資枠は年間40万円

月あたり最大約33,000円まで利用することができます。

2037年まで利用可能

2018年1月から始めると、最長20年×40万円=800万円の非課税投資枠が利用可能です。

最大800万円の非課税投資枠が利用可能

対象商品は長期の積立、分散投資に適した投資信託

販売手数料がない、信託報酬(コスト)が一定未満など、国が定めた基準をクリアしている長期の資産形成に適した商品が対象です。

  • 投資信託の保有期間中に、投資信託の純資産総額から差し引かれる運用管理費用。

つみたてNISA対象ファンド
ラインアップ

購入・換金時手数料がかからず、信託報酬が一定以下に抑えられているなどの、つみたてNISAの商品基準を満たした5つの対象ファンドを取り揃えています。
※つみたてNISAの対象商品は、制度上、信託報酬率が年率税抜1.5%以下です。

世界にバランス良く分散投資する「つみたてバランスファンド」

  • 主に日本を含む世界の株式と債券、不動産投資信託証券(リート)※1に投資するファンドです。
  • 各投資対象資産の指数を「基本的資産配分」で組み合わせた、合成ベンチマーク※2の動きに連動する投資成果を目指します。
信託報酬(年率税込) 0.2106%※3

詳しくはこちら

日本の代表的な企業に分散投資する「Smart-i 日経225インデックス」

  • 主に国内の株式に投資するファンドです。
  • 日経平均株価(日経225)※4の動きに連動する投資成果を目指します。
信託報酬(年率税込) 0.1836%

詳しくはこちら

日本の代表的な企業に分散投資する「Smart-i TOPIXインデックス」

  • 主に国内の株式に投資するファンドです。
  • 東証株価指数(TOPIX、配当込み)※5の動きに連動する投資成果を目指します。
信託報酬(年率税込) 0.1836%

詳しくはこちら

先進国の代表的な企業に分散投資する「Smart-i 先進国株式インデックス」

  • 主に日本を除く先進国の株式※6に投資するファンドです。
  • 日本を除く先進国株式の指数(MSCI-KOKUSAI指数[配当込み・円換算ベース])※7の動きに連動する投資成果を目指します。
信託報酬(年率税込) 0.216%

詳しくはこちら

新興国の代表的な企業に分散投資する「Smart-i 新興国株式インデックス」

  • 主に新興国の株式※6に投資するファンドです。
  • 新興国株式の指数(MSCIエマージング・マーケット指数[配当込み・円換算ベース])※8の動きに連動する投資成果を目指します。
信託報酬(年率税込) 0.3672%

詳しくはこちら

注: 販売会社によって、取扱いファンドは異なります。

  • ※1国内リートおよび先進国リートが対象です。
  • ※2合成ベンチマークは、合成ベンチマークを構成する指数および基本的資産配分をもとに委託会社が計算したものです。
  • ※3ただし、RAM新興国債券マザーファンドがETF(上場投資信託証券)を保有した場合に受益者が負担する実質的な信託報酬率の合計値は0.217%(年率、税抜)程度。
  • ※4「日経平均株価(日経225)」は、日本経済新聞社が開発した、東京証券取引所第一部上場銘柄のうち代表的な225銘柄を対象として算出した指数で、対象銘柄の株価により算出を行う平均株価型の指数です。
  • ※5「東証株価指数(TOPIX、配当込み)」は、東京証券取引所第一部に上場している国内普通株式全銘柄を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。
  • ※6DR(預託証券)もしくは株式と同等の投資効果が得られる権利を表示する証券および証書等を含みます。
  • ※7「MSCI-KOKUSAI指数(配当込み、円換算ベース)」は、MSCI-KOKUSAI指数(米ドルベース)をもとに委託会社が円換算して計算したものです。MSCI-KOKUSAI指数(米ドルベース)は、MSCI Inc. が開発した、日本を除く世界の先進国の株式を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。
  • ※8「MSCIエマージング・マーケット指数(配当込み、円換算ベース)」は、MSCIエマージング・マーケット指数(米ドルベース)をもとに委託会社が円換算して計算したものです。MSCIエマージング・マーケット指数(米ドルベース)はMSCI Inc. が開発した、世界の新興国の株式を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。

マザーファンドが対象とする指数の著作権等について

  1. 「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有しています。
  2. 「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属しています。
  3. 本件投資信託は、投資信託委託業者等の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び本件受益権の取引に関して、一切の責任を負いません。
  4. 株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負いません。
  5. 株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有しています。

ご購入にあたってのご注意事項(必ずご覧ください。)

  • 当ページは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。お申込みに当たっては必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧の上、ご自身でご判断ください。投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社までご請求ください。
  • 各ファンドは投資信託であり、預貯金とは異なり元本が保証されているものではありません。
  • 各ファンドの基準価額は、実質的に値動きのある有価証券等(外国証券には為替リスクもあります。)に投資するため変動します。そのため各ファンドの運用の成果として投資元本を割り込み損失を被ることがありますが、運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
  • 各ファンドの基準価額の変動要因となる主なリスク要素については、投資リスクのページをご覧ください。
  • 投資信託は、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託は預貯金や保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関で取扱う場合、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
  • 本ウェブサイトについて
  • 本ウェブサイトは、りそなアセットマネジメント株式会社(以下、当社といいます。)が投資家のみなさまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。
  • 本ウェブサイトの作成にあたり、当社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている当社の見通し、予測、予想、意見等(以下、見通し等)は、それぞれ掲載時点のものであり、将来予告なしに変更されることがあります。また当社の見通し等は、将来の景気や証券価格等の動きを保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている運用状況や運用実績等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間におけるものであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。