スマホ用ページはこちら

文字サイズ

日本版スチュワードシップ・コードについて

りそなアセットマネジメント株式会社(以下、「弊社」といいます。)は、「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》の趣旨に賛同し、これを受入れることを表明します。 本コードは、弊社及び弊社グループ(以下、「弊社等」といいます。)における責任投資の取組みと趣旨・精神を共有するものであると考えており、本コードに賛同し、これを受入れることにより、弊社が責任ある機関投資家として活動する姿勢を明確化するとともに、かかる取組みのさらなる改善を図って参ります。

「日本版スチュワードシップ・コード」に対する弊社取組方針

弊社は、スチュワードシップ責任を果たすにあたり有用と考えられる7つの原則に対する取組方針を以下のように定めています。

原則1. 機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

弊社は、責任ある機関投資家として期待されるスチュワードシップ責任を果たすべく、弊社がお預りしている投資信託財産の運用にあたり、中長期的な観点からお客さま(受益者)の利益の増大を図る姿勢を明確化するため、以下の運用方針(運用哲学)及び議決権行使に関する方針を掲げています。

運用哲学

議決権行使に関する基本方針

弊社は、これらのお客さまの利益を旨とした方針に基づき、忠実かつ誠実に資産運用業務の運営を行います。また、その手段として、本コードの趣旨に相違することなく①投資先企業との目的のある対話、②株主価値増大を目的とした議決権行使、③資産運用業務にかかる利益相反の管理を行います。

弊社は、これらの行動を通じた投資先企業における持続的な成長が、投資信託財産の運用成果へとつながるよう取組むとともに、かかる取組内容の改善・向上に努めて参ります。

また、議決権行使を行うに際しては、投資先企業のガバナンス体制をはじめとして、法令や企業倫理の遵守、社会との共生、環境問題への取組みなど、企業としての社会的責任についても判断材料に取入れ、投資信託財産等で保有する株式にかかる株主価値の増大が中長期的に実現するよう目指します。

原則2. 機関投資家は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、明確な方針を策定し、これを公表すべきである。

弊社は、お客さまへの商品・サービスの提供にあたり、「お客さまからの信頼を全てに優先して行動する」こととしています。弊社は、業務に関係する諸法令等を十分に理解し遵守するほか、弊社等が行う取引に伴い、お客さまの利益を不当に害したり、お客さまからの信頼を損なうことのないよう、弊社等とお客さまとの間、あるいはお客さまと他のお客さまとの間に発生する利益相反を適切に管理します。

弊社は、弊社における利益相反管理の適切性などを確保するための管理態勢を整備することを目的に「利益相反管理方針」を定め、またその概要を弊社ホームページ上に公表しています。

投資信託の運用業務において、弊社は弊社グループ会社(株式会社りそなホールディングス)株式の売買や、投資信託財産で保有する株式の議決権行使等を利益相反のおそれがある取引等として特定・類型化し、以下の通り管理します。

  • 議決権行使については、弊社が定めた「議決権行使の基準に関する規程」に則り、社内に設置した運用委員会が「議決権行使基準」を定め、専ら受益者のために行います。
  • 議決権行使、及び議決権行使のために行う投資先企業との対話にあたっては、独立した機関投資家として行動します。
  • グループ会社株式の売買については、弊社が定めた「グループ会社株式の売買取引及び保有に関する取扱要領」に則り行います。
  • グループ会社株式にかかる議決権行使については上記「議決権行使基準」に基づき第三者が行う助言に則り行使します。

利益相反のおそれがある取引等の管理状況については、コンプライアンス担当部署よりコンプライアンス・リスク管理委員会に報告される体制を構築しています。また、利益相反管理の体制及び方法については、その中立性及び独立性強化を図る観点から外部有識者等による評価や知見を取り入れる体制の構築を検討するとともに、運用業務及び運用手法の多様化等に応じ、見直しを図って参ります。

原則3. 機関投資家は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握すべきである。

弊社は、議決権行使の対象となる株式の投資先企業を対象に、その的確な状況把握に努めます。

投資先企業にかかる状況把握にあたっては、資本政策(還元性向、ROEの推移等)及びガバナンス体制・リスク管理体制(取締役会の構成、役員の選任、反社会的行為の有無等)に関する事項等を中心に、財務情報のみならず、当該企業の姿勢や具体的行動といった情報についても理解を深め、継続的且つ多面的な状況把握ができるよう努めます。

原則4. 機関投資家は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めるべきである。

弊社は、継続的な投資先企業の状況把握を行うための手段の一つとして、また投資先企業における持続的成長の実現、及び適切な議決権行使を目的として、投資先企業との対話を建設的に行うよう努めます。

投資先企業との対話にあたっては、弊社の議決権行使に対する考え方を示したうえで、投資先企業における資本政策やガバナンス体制・リスク管理体制等に関する課題のほか、投資先企業の社会的責任に関する問題意識について共有を図るとともに、中長期的な観点からそれらの改善につながるよう努めます。またこのような取組みの有効性を高めることを目的として、他の機関投資家と連携・協働して投資先企業との対話を行うことも検討して参ります。

ただし、これらの対話は投資先企業に対して未公開の重要情報(インサイダー情報)等の提供を求めるものではありません。また万一、対話の過程において未公開の重要情報等を投資先企業より取得した場合は、弊社の「インサイダー取引防止マニュアル」及びその他の社内規程に則り、情報管理・行動管理を厳正に行います。

原則5. 機関投資家は、議決権の行使と行使結果の公表について明確な方針を持つとともに、議決権行使の方針については、単に形式的な判断基準にとどまるのではなく、投資先企業の持続的成長に資するものとなるよう工夫すべきである。

投資信託財産等で保有する株式にかかる議決権行使は、受益者利益の増大を図る重要な手段の一つであり、弊社は議決権行使に関する方針を定めるとともに、専ら受益者のために議決権行使を行うものと定めています。

議決権行使に際しては、投資先企業における資本政策やガバナンス体制・リスク管理体制等の強化・改善をはじめとして、社会との共生、環境問題への取組み等、企業としての社会的責任の遂行を求め、投資先企業の持続的な成長を通じた株主価値増大につながるよう適切な判断に努めます。

弊社は、議決権行使に際し助言会社を利用していますが、助言会社には弊社の議決権行使基準に則った助言の提供を求めていることに加え、助言会社より受領した助言内容は弊社内で同基準に照らし確認のうえ、議決権の行使を行っています。また、議決権行使基準のみでは判断が困難な議案については、運用委員会にて議案の審議を行ったうえ議決権行使を行う体制を構築しています。

尚、2017年6月現在、弊社において証券貸借取引(貸株取引)の取扱いはありません。

議決権行使結果については、今後、個別の国内投資先企業の議案ごとに開示します。議決権行使結果の開示方法については、議決権行使基準の見直しと同様、継続的に見直しを図ります。

原則6. 機関投資家は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、原則として、顧客・受益者に対して定期的に報告を行うべきである。

弊社は運用受任者として、議決権行使を含むスチュワードシップ活動にかかる基本的な方針や基準、考え方を定め、その概要等をホームページで公表します。

また、議決権行使結果を中心とするスチュワードシップ活動についても証跡化に取組み、定期的にホームページで公表します。

これらの公表方法・内容については、継続的に工夫・改善を図り、わかりやすいものとなるよう努めます。

原則7. 機関投資家は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等に関する深い理解に基づき、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行うための実力を備えるべきである。

弊社は責任ある機関投資家として期待されるスチュワードシップ責任を適切に果たすため、運用委員会を中心に必要な態勢整備を行うとともに、勉強会や研修等を通じた人材育成に努めます。

また、お客さまのためのスチュワードシップ活動を弊社グループが一体となって推進していくことを目的として、弊社はりそな銀行の信託財産運用部門が運営する「責任投資会議」に参加しています。この会議は、外部有識者を招聘することでその知見を活用しつつ、議決権行使体制及び議決権行使状況の適正性のチェックを行うほか、具体的なスチュワードシップ活動に関するノウハウを向上させるとともに、グループとして推進するスチュワードシップ活動に対する自己評価を通じ、さらなる改善につなげていくことを目的としています。

これらの取組みを通じ、弊社は企業との対話・議決権行使・利益相反管理を中心としたスチュワードシップ活動がお客さまのため一層有益かつ適切なものとなるよう継続的に工夫・改善を図って参ります。

スチュワードシップ活動状況

現在公表しているスチュワードシップ活動報告はありません。