Smart-i インデックスファンドシリーズ あなたの資産づくりにスマートな選択肢

POINT Smart-iインデックス
ファンドシリーズの特徴

  • POINT 01 購入時手数料ゼロ!
    0円

    Smart-iシリーズは、購入時・売却時の手数料がかかりません。また、信託報酬率(運用期間中にかかるコスト)は業界の同種ファンドと比べておおむね低水準です。

  • POINT 02 選びやすいラインナップ!
    株式 債券 リート バランス ESG

    株式、債券、リートなどの代表的なインデックスのほか、最近のトレンドであるESG投資や、一本で分散投資が可能なバランスファンドも低コストで取り揃えています。

  • POINT 03 非課税制度も使える!
    iDeco NISA

    Smart-iシリーズは、NISAやiDeCoなどの非課税制度の中で運用することもできます。節税しながらの運用で、さらにお得に資産形成を行うことができます。

インデックスファンドの
選び方を学ぶ!

Smart-iへの想い

Smart-iシリーズは、2017年8月に始まりました。
当時はつみたてNISA制度の開始を控え、コストの意識が高まっていたとき。業界では、既存ファンドよりもコストを低くした新たなインデックスファンドの立ち上げが増えていました。

一方で、「低コストの良質なファンドがつみたてNISAやiDeCoでしか買えない」、「古いファンドを持っているお客さまはコストが高いまま」…そんな不公平を防ぐために、私たちは一つのシリーズを適正なコストでご提供し続けることが重要と考えています。

Smart-iシリーズは、これまでも何度か適切な水準までコストを引き下げてきました。これからもすべてのお客さまに、このSmart-iシリーズを末永くご提供し続けます。

お金のプロが教える
むずかしくない投資サロン

TYPE タイプ別で見るSmart-i

あなたのタイプを選択してください
  • 自分で値動きを見ながら売り買いしたい
  • あまり動きは見ず長期的な高いリターンを狙いたい
  • 同じ株式なら、より社会のためになる方を選びたい
  • 分散してリスクを抑えながら長く運用したい
  • とにかくリスクを抑えた運用をしたい
  • 株や債券は持っているので、さらに分散したい
  • つみたてNISAで購入したい

MATRIX マトリクスで見るSmart-i

  • ※当グラフは2018年3月末~2021年3月末のファンドの実績に基づき、りそなアセットマネジメントが作成しています。
    なお、国内株式ESGインデックス・先進国株式ESGインデックス、S&P500インデックスにおける、ファンド設定以前*の数値については各ファンドのベンチマーク指数(コスト控除後)を使用しリスク・リターンを算出しています。
    *国内株式ESGインデックス・先進国株式ESGインデックス:2019年10月30日設定、S&P500インデックス:2020年7月29日設定
  • ※ゴールドファンドインデックス(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)のリスク・リターンについては、それぞれLBMA金価格(LBMA Gold Price PM、円換算ベース)、 LBMA金価格(LBMA Gold Price PM、円ヘッジベース)からコストを控除した数値を使用して算出しています。 LBMA金価格は、当ファンドの主要投資対象であるETF(上場投資信託証券)がベンチマークとする金地金価格の指数です。
  • ※当グラフは過去の各運用商品の実績に基づいたリスク・リターンの目安を示すものであり、将来の運用成績を示唆するものではありません。

LIST Smart-i一覧表

  • 株式
  • 債券
  • リート
    ・その他
  • バランス

ベンチマーク

  • 株式
  • 債券
  • リート
    ・その他
  • バランス

APPLICATION 取り扱い販売会社

Smart-iは以下の販売会社にてお申し込み頂けます。

  • 全て
  • つみたてNISA
  • iDeCo

(50音順)

  • ※販売会社によって取り扱いファンドが異なります。詳しくは、各販売会社のホームページよりご確認ください。
  • ※つみたてNISAの詳細についてはこちらをご覧ください。

(50音順)

  • ※販売会社によって取り扱いファンドが異なります。詳しくは、各販売会社のホームページよりご確認ください。
  • ※つみたてNISAの詳細についてはこちらをご覧ください。

(50音順)

  • ※販売会社によって取り扱いファンドが異なります。詳しくは、各販売会社のホームページよりご確認ください。
  • ※つみたてNISAの詳細についてはこちらをご覧ください。
  • ※受付金融機関については、販売会社のホームページよりご確認ください。

CHECK りそな銀行・埼玉りそな銀行の
お客さまはこちら
関西みらい銀行の
お客さまはこちら

Resona Group my gate
マイゲートでSmart-i

Smart-iが
マイゲートで購入可能です

りそな銀行のお客さま

マイゲートログイン

埼玉りそな銀行のお客さま

マイゲートログイン
RESONA
アプリでSmart-i

Smart-i S&P500インデックスのみ
りそなグループアプリで購入可能です

ご注意事項

  • 当ページは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。お申込みに当たっては必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧の上、ご自身でご判断ください。投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社までご請求ください。
  • 各ファンドは投資信託であり、預貯金とは異なり元本が保証されているものではありません。
  • 各ファンドの基準価額は、実質的に値動きのある有価証券等(外国証券には為替リスクもあります。)に投資するため変動します。そのため各ファンドの運用の成果として投資元本を割り込み損失を被ることがありますが、運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
  • 各ファンドの基準価額の変動要因となる主なリスク要素については、投資リスクのページをご覧ください。
  • 投資信託は、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託は預貯金や保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関で取扱う場合、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
  • 本ウェブサイトについて
  • 本ウェブサイトは、りそなアセットマネジメント株式会社(以下、当社といいます。)が投資家のみなさまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。
  • 本ウェブサイトの作成にあたり、当社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている当社の見通し、予測、予想、意見等(以下、見通し等)は、それぞれ掲載時点のものであり、将来予告なしに変更されることがあります。また当社の見通し等は、将来の景気や証券価格等の動きを保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている運用状況や運用実績等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間におけるものであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

株式×日本3つのSmart-iの違いとは?

  Smart-i
TOPIXインデックス
Smart-i
日経225インデックス
Smart-i
国内株式ESGインデックス
概要 東京証券取引所第一部上場の全銘柄を対象とした、東証株価指数(TOPIX、配当込み)という指数に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 東京証券取引所第一部上場銘柄のうち代表的な225銘柄を対象とした、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 国内金融商品取引所に上場する銘柄のうち、時価総額上位700銘柄の中からESG(環境、社会、ガバナンス)評価に優れた企業を選別して構成される、MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(配当込み)という指数に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。
特徴 日経225と比較し、時価総額の小さな銘柄も含んだ日本の株式市場全体を反映した値動きとなる傾向があります。 TOPIXと比較し、株価の高い銘柄(値がさ株)の値動きの影響が大きくなる傾向があります。ニュースなどで情報を目にしやすいのも特徴です。 国内の上場銘柄のなかでも、より環境や社会に配慮した銘柄に投資を行うことで、運用成果を得つつ、投資を通じたより良い社会作りに参画することができます。
信託
報酬
(税込)
0.1540% 0.1870% 0.2365%
閉じる

株式×先進国3つのSmart-iの違いとは?

  Smart-i
先進国株式インデックス
Smart-i
S&P500インデックス
Smart-i
先進国株式ESGインデックス
概要 日本を除く世界の先進国の株式を対象として算出される、MSCI-KOKUSAI指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 米国の代表的な株価指数の一つである、S&P500指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 日本を除く世界の先進国の株式から、相対的にESG評価の高い銘柄を選定することで構成される、MSCI-KOKUSAI ESGリーダース指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。
特徴 日本を除く先進国22か国(2021年2月末時点)の代表的な企業に分散投資を行うことができます。 世界経済の成長を牽引する米国株式市場の株式に特化して投資を行うことができます。 同じ先進国株式のなかでも、より環境や社会に配慮した銘柄に投資を行うことで、運用成果を得つつ、投資を通じたより良い社会作りに参画することができます。
信託
報酬
(税込)
0.2200% 0.2420% 0.2860%
閉じる

Smart-i新興国株式インデックスとは?

  Smart-i
新興国株式インデックス
概要 新興国27か国(2021年2月末時点)の大型・中型株式を対象とした、新興国株式投資のベンチマークとして広く利用されているMSCIエマージング・マーケット指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。
特徴 新興国全体の株式の値動きを反映した指数に連動する当ファンドに投資を行うことで、投資対象国を分散でき、新興国全体の高い成長を捉えることができます。一方、新興国の株式は、先進国の株式に比べリスクが大きい傾向にあるため、新興国に投資する際は、他の資産と組み合わせた分散投資を行うなど、リスクが高くなりすぎないよう注意が必要です。
信託
報酬
(税込)
0.3740%
閉じる

債券3つのSmart-iの違いとは?

債券資産は、一般的に株式資産よりも値動きが小さくなる傾向にあります。Smart-iシリーズでは国内債券と先進国債券の為替ヘッジあり、為替ヘッジなしの3種類の商品をご用意しております。

  Smart-i
国内債券インデックス
Smart-i
先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)
Smart-i
先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
概要 日本の債券市場全体の動向を反映し、国内債券投資のベンチマークとして広く利用されているNOMURA-BPI総合の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 日本を除く先進国債券投資のベンチマークとして広く利用されているFTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 先進国債券投資のベンチマークとして広く利用されているFTSE世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。為替ヘッジを行うことで為替変動リスクの低減を図ります。
特徴 Smart-iシリーズの中で最もリスク・リターンの小さい商品であり、相対的に安定した値動きが期待されます。 主に米国や欧州などの先進国の債券に投資することにより、日本より金利の高い先進国にも投資を行うことができます。一方、国内債券インデックスと比較し、為替変動リスクが発生します。 為替ヘッジとは、為替変動リスクを回避(ヘッジ)するために行う取引のことをいいます。先進国債券の為替変動リスクを低減することで、より安定的な値動きが期待できますが、為替ヘッジにはコストがかかります。
信託
報酬
(税込)
0.1320% 0.1870% 0.1870%
閉じる

リート2つのSmart-iの違いとは?

リート(REIT/不動産投資信託)とは、投資家から集めた資金で不動産への投資を行い、その賃貸収入や売買益を投資家に還元する商品です。リートを通じて間接的にさまざまな物件を保有することで、不動産投資による利回りを享受することができます。一方で災害等のリスクや不動産市況の影響を受けて価格が大きく変動することに注意が必要です。

  Smart-i
Jリートインデックス
Smart-i
先進国リートインデックス
概要 東京証券取引所に上場しているリート全銘柄を対象とした東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。 日本を除く先進国のリート投資のベンチマークとして広く利用されている、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。
特徴 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場しているリート全銘柄で構成されており、国内不動産市場へ幅広く投資を行うことができます。また、為替変動リスクはありません。 日本を除く先進各国の代表的な不動産投資信託証券に投資を行うことで、海外不動産市場への幅広い投資を行うことができます。Jリートインデックスと比較し、為替変動リスクが生じます。
信託
報酬
(税込)
0.1870% 0.2200%
閉じる

バランスファンド3つのSmart-iの違いとは?

日本株式・債券、先進国株式・債券、新興国株式・債券、国内リート・海外リートの計8資産に分散投資を行います。運用目的やリスク許容度にあわせて、3種類のタイプをご用意しております。

  Smart-i
8資産バランス 安定型
Smart-i
8資産バランス 安定成長型
Smart-i
8資産バランス 成長型
概要 安定型は、国内債券、先進国債券(為替ヘッジあり、なし)の配分がSmart-i8資産バランスの3商品の中で最も高くなっています。 安定成長型は安定型に比べ、国内・海外の株式、新興国債券、国内・先進国リートの配分が高くなっています。 成長型は、国内・海外の株式、国内・先進国リートの配分がSmart-i8資産バランスの3商品の中で最も高くなっています。
特徴 Smart-i8資産バランスの3商品の中で最もリスクとリターンが小さく、安定性を重視した運用を行うことができます。 安定性と成長性のバランスを重視した運用を行うため、安定型よりも高いリターンを目指しつつ成長型よりもリスクを抑えた運用を行うことができます。 Smart-i8資産バランスの3商品の中では最もリスクとリターンが大きいため、分散投資を行いながら資産の成長性を重視した運用を行うことができます。
信託
報酬
(税込)
0.1760% 0.1980% 0.2200%
閉じる

ゴールドファンド2つのSmart-iの違いとは?

金は実物資産であることから、株式や債券などの資産とは値動きが異なり、リスク回避局面における分散効果が期待できます。一方で、金自体にはリターンの源泉となる成長性や配当などはないことに注意が必要です。Smart-iシリーズでは為替ヘッジあり、為替ヘッジなしの2種類の商品をご用意しております。

  Smart-i
ゴールドファンド(為替ヘッジなし)
Smart-i
ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
概要 主に、日本を含む世界の金融取引所に上場されている金地金価格への連動を目指すETF(上場投資信託証券)に投資を行うファンドです。 主に、日本を含む世界の金融取引所に上場されている金地金価格への連動を目指すETF(上場投資信託証券)に投資を行うファンドです。為替ヘッジを行うことで為替変動リスクの低減を図ります。
特徴 金地金価格の指数への連動を目指すETF(上場投資信託証券)に投資をすることで、日本を含む世界の金に投資を行うことができます。実質的に外貨建資産に投資を行うため為替変動リスクが発生します。 為替ヘッジとは、為替変動リスクを回避(ヘッジ)するために行う取引のことをいいます。金地金価格の為替変動リスクを低減することが期待できますが、為替ヘッジにはコストがかかります。
信託
報酬
(税込)
0.2750% 0.2750%
閉じる