スマホ用ページはこちら

りそなのアプローチ~企業としてのサステナビリティの取り組み~ りそなのアプローチ~企業としてのサステナビリティの取り組み~

りそなアセットマネジメント(以下、当社)のパーパスは、「将来世代に対しても豊かさ、幸せを提供」することです。
私たち一人一人は、現在だけでなく将来世代にも豊かさ、幸せを届ける責任があります。当社は、将来世代への責任を果たすために、
お客さまの資産形成への貢献に加え、教育や環境などの分野においてもさまざまな取り組みや活動を実践しています。

将来世代に向けた取り組みInitiatives for the next generation

当社は、金融やESG/SDGsに関する専門性を活用し、次世代を担う方々の「未来を切り拓く力」の育成を積極的に支援しています。

TOPICS

  • 上智大学での講義の様子
    SDGsの課題と可能性:企業と投資家の視点から

  • 栄東高校での授業の様子

  • 埼玉県立小川高校での授業の様子

金融とSDGs大学での寄附講座の開講

持続可能な社会の実現に向けた取り組みの一環として、高等教育機関と協働・連携し、寄附講座を開講しています。
講座では、主にSDGsにおける企業・投資家の取り組み等について、当社の役職員が金融・資産運用の専門人材として、講義を行っています。

・活動内容

また、寄附講座のほかに、青山学院大学、慶應義塾大学、東京都立大学、東京理科大学、一橋大学、早稲田大学等で講師やゲストスピーカーとしての講演も多数行っています。

金融と私たちの生活高校等での出張授業

高校で必修となった「金融教育」を通じて、金融や経済と自分たちの生活との関わりを学び、自ら考える機会を提供することを目的とした出張授業を行っています。
また、資産運用の基礎知識や金融教育の必要性について、中学・高校の生徒に限らず、教職員向けの模擬授業や講義、将来教員を目指す大学の学生向けの講義を行うことで、より幅広いアプローチで、日本の金融経済教育の発展に貢献していくことを目指しています。

・活動内容
ライフプラン
自分だけの“ミライチズ”を実現する
「将来やりたいことを叶えるためにはいくらお金が必要なの?」「お金を貯めるにはどうしたらよい?」
自分自身のライフプラン(“ミライチズ”)を考えるという切り口から金融や資産運用について考えていきます。
ニュース
ニュースと私と資産運用~風が吹けば桶屋が儲かる?~
「普段耳にするニュースは私たちの生活にどんな影響があるの?」
経済や金融を身近に感じることを目的としつつ、目まぐるしい世の中の動きに対応する手段の一つとして、資産運用について考えていきます。

ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みInitiatives for Diversity and Inclusion

りそなグループでは、従業員一人ひとりが考え方の違いをお互いに理解し、認め合い、高め合いながら、積極的に新たな気づきを得て価値創造につなげるべく、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。

りそなホールディングス 人権について

当社では、「ミューチュアルリスペクト」の精神に則り、多様な人財の活躍、多様な働き方とワークライフバランスの実現に向け取り組んでいます。

女性活躍推進法に基づく
一般事業主行動計画

当社では、女性の活躍推進を重要な責務と捉え、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定・公表しています。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

若手女性社員懇親会

先輩女性従業員の経験談等を通じて、若手女性従業員が今後のキャリアプラン等を考えることを目的に開催しています。

タウンミーティング

若手従業員が社長や運用部門役員等に当社の経営戦略等について直接質問し、意見交換を行う場を設けています。

環境への取り組みEnvironmental Initiatives

りそなグループでは、金融の役割を通じて脱炭素・循環型社会を実現していくことを重要な経営課題と捉え、「環境方針」を定めるとともに、2030年SDGs達成に向けたコミットメントを掲げています。
当社においても、上記コミットメント達成のため、脱炭素・循環型社会の実現に向けた取り組みを実施しています。

環境にフォーカスしたファンドの組成

グローバルインパクト投資ファンド(気候変動)

気候変動問題にビジネスとして取り組み、持続的に企業価値を拡大させるとともに、社会的インパクトを創出することが期待できる銘柄に投資を行うファンドです。

Smart-i 世界株式気候変動インデックス

低炭素社会への移行に対して企業の先進的な取り組みを評価し、当該評価の高い銘柄に投資を行うファンドです。

環境負荷軽減に向けた取り組み

環境への配慮と石油由来製品の抑制のため、社内で利用する備品や消耗品について、可能な限り茶殻リサイクル製品、FSC認証紙やバイオマスプラスチックへの代替を進めています。

社会貢献活動Social contribution activities

寄附

当社が設定・運用している公募投資信託について、収益の一部を寄附する活動を行いました。

横スクロールできます。

対象ファンド 寄附先
  • りそな未来財団
  • みなと銀行育英会
  • 京都大学基金IPS細胞研究基金
  • 国立研究開発法人理化学研究所
  • りそな未来財団
  • みなと銀行育英会
  • 京都大学基金IPS細胞研究基金
  • 国立研究開発法人理化学研究所
  • 埼玉県 「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」
    「彩の国みどりの基金」
  • 社会福祉法人 埼玉県社会福祉協議会
    (「子ども食堂・未来応援基金」)
  • ※「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」の寄付金の受け入れ期間である2023年9月末までを対象としています。

  • 大分県 「地域環境保全基金」
  • 鹿児島県 「世界自然遺産に関する寄付」
  • 熊本県 「ふるさとくまもと応援寄附金」
  • 宮崎県 「新型コロナ宮崎復興応援寄附金」