スマホ用ページはこちら

Fiduciary Duty
運用に対する考え方

Purpose

将来世代に対しても豊かさ、
幸せを提供するために

当社のパーパス

当社のパーパス(存在意義)は「将来世代に対しても豊かさ、幸せを提供」することです。

多くのお客さまに
「りそなアセットマネジメントの運用サービスを受けて資産形成ができた。」
「りそなアセットマネジメントを知ったことで豊かな老後を過ごせた。」
「りそなアセットマネジメントの運用する商品に投資をすることで、将来世代のためにより良い社会・環境の実現に貢献できた。」
などと笑顔で言っていただけるような会社になりたいと強く思っております。

そのような「将来世代に対しても豊かさ、幸せを提供できる運用会社」であり続けるために、私たちはお客さまの真のニーズにお応えする運用会社になることを誓います。
また、私たちはお客さまの資産形成に役立つ「長期投資家」であると同時に「責任ある投資家」であることを宣言します。

Action Planりそなアセットマネジメントの取組方針(抜粋)

りそなアセットマネジメントでは、お客さまの信頼にお応えするために、お客さま本位の業務運営にかかる取組方針を策定いたしました。

お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの真のニーズを追求するための方針を定めています。

やみくもな商品拡充は行わず、真に必要とされる商品を

  • ファンドの組成にあたっては、お客さまに長期継続性のある運用をご提供するため、商品性が重複するようなファンドや、一時の流行に依存したものなど、やみくもな拡充は行わず、真のお客さまニーズにお応えできると考えるファンドを厳選して設定を行います。
  • 組成時には「運用委員会」にて販売対象として想定する顧客層、およびその理由も明確にした上で協議を行い、組成後には社外取締役にて構成される「ファンドガバナンス会議」にて組成時の商品性が維持できているかを検証します。

商品セールスではなく、中立的な運用知識の習得を

  • 当社が組成したファンドについては、取扱販売会社の担当者がその商品の特性、内包するリスクや想定する顧客層について正確な理解が得られるよう、運用全般に関する知識および中立的な提案手法も含めて提供します。
  • 商品をご提供するだけでなく、商品を保有いただいた後の投資行動がお客さまの投資成果に多大な影響をもたらすとの考えのもと、当社が組成する全てのファンドについて、ファンドの運用状況や相場変動時の投資環境などに関する細やかな情報提供を行います。

お客さまの最善の利益の追求

当社は、お客さまのより豊かな人生(顧客の最善の利益)のために、運用において最も大切なことは「長期国際分散投資」であると信じています。

長期国際分散投資を効果的に提供するため、当社は「高品質なインデックス運用」、「長期的に再現性のある超過収益を生み出すことのできるアクティブ運用」を提供しなければならないと考えています。加えて、アセットマネジメントの重要性が増す中、「ユニバーサルオーナーシップ」の概念を取り入れ、「責任投資」活動を一層進めていきます。

お客さまのリターン向上に向けて

  • アクティブ運用:確固たる投資哲学、運用プロセスの策定と実効性のあるモニタリングにより、より高い超過収益の獲得に努めます。
  • バランス運用:継続的な市場調査/分析に基づく資産配分戦略により、お客さまの期待するリスクやリターンに応じたパフォーマンスの実現に努めます。
  • インデックス運用:より低いコストで良質な商品をご提供できるよう、ファンド運営の効率化と投資手法の研究を継続的に行います。
  • 責任投資:継続的な投資先企業との対話や意見交換を通じて、 投資先企業の価値向上と株式市場全体の底上げへの貢献に努めてまいります。なお、当社では企業に過度な負担を強いることが無いよう、エンゲージメント活動のクオリティを重視し、適正な活動数の維持を目指します。