スマホ用ページはこちら

りそなローカルインパクト投資への道(第1回)

そもそも、インパクト投資ってナニ?

じめまして。今回より新しく「りそなローカルインパクト投資への道」というタイトルで連載させていただきます、羽生雄一郎と申します。

インパクト投資。なかなか耳慣れない言葉かもしれませんが、なるべく皆様にとって身近に感じていただけるように、一生懸命ご説明していきたいと思います。どうぞ最後まで、よろしくお願い致します。

一般的な運用収益を追求する投資では「リターン」と「リスク」の2つの側面から評価が行われています。これに「インパクト」という新しい評価軸を取り入れたのが「インパクト投資」です。ここで言うインパクトとは、社会課題や環境問題の解決に貢献するなど、社会に良い影響を生み出すことを指しています。

投資を行うということは、投資先の活動を財務面・金銭面から支援することを意味します。そのため、投資を検討する際に候補先がもたらし得るインパクトを評価し、その結果を考慮して投資を決定することが、よりよい社会をつくることにつながっていくと考えられています。

最近ではESGやSDGsといった言葉を日常的に耳にするようになってきましたが、投資の世界では「ESG投資」が活発化しています。ESG投資はESG(環境・社会・企業統治)の要素を組み込んだ投資のことを指し、ESGを考慮して投資先を選別したり、投資先との「建設的な対話」を通じてESGへの配慮を促したりといったことが一般的に行われています。

インパクト投資とESG投資との間には、環境や社会への影響を考慮するという類似点があります。一方で、インパクト投資にはESG投資と異なる明確な特徴があります。それは、環境や社会への影響を考慮するにとどまらず、環境や社会に良い影響をもたらすこと、すなわちインパクトを生み出すことを「目的」に掲げている点です。

こうした特徴は、投資プロセスの細部の違いにも表れています。例えば、企業に投資する場合には「目的」に照らしてビジネスモデルの妥当性を評価したり、あるいは「目的」の達成度合いを「インパクト評価」として定量的・定性的に分析したり、といったことが行われます。
また、インパクトを「目的」に掲げていることは、運用収益を獲得する上でも大きな利点があるのですが、この点については第2回以降でご説明したいと思います。

下に示した図は、りそなアセットマネジメントのパーパス(存在意義)を表しています。

私たちはありたい姿として「将来世代に対して豊かさ・幸せを提供できる運用機関」を掲げ、長期的な資産形成を通じてお客さまのサステナビリティに貢献するとともに、企業のサステナビリティ、社会・環境のサステナビリティを同時に実現していくことを目指しています。

将来世代に対して豊かさ・幸せを提供するために行き着いた答えが、日本の(=ローカルの)社会課題を解決することを目的に掲げた「ローカルインパクト投資」です。日本には、少子高齢化や災害激甚化などを背景として、将来世代の負担や不安の増大、ひいては豊かさ・幸せを脅かすリスク要素が多数存在しています。これらはお客さまや企業のサステナビリティを実現する上で、避けては通れない社会課題です。

これらの課題を解決するため、インパクト投資の手法を用いて取り組むことは、私たちがパーパスを体現していくための活動とも言えます。第2回以降で、日本の社会課題に関する現状認識や、私たちが取り組むインパクト投資の詳細、具体的な投資事例などをご紹介していく予定です。ご期待いただければ幸いです。

りそなアセットマネジメント株式会社
株式運用部
チーフ・ファンドマネージャー 羽生雄一郎

〈本資料に関するご留意事項〉
■本資料は、りそなアセットマネジメント株式会社が投資一般に関する情報提供を目的として作成したものであり、投資家に対する投資勧誘を目的とするものではありません。■本資料は市場や投資全般の推奨や証券市場等の動向の上昇または下落を示唆するものではありません。■本資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、りそなアセットマネジメントが設定・運用する各ファンドにおける投資判断がこれらの見解に基づくものとは限りません。なお、掲載されている見解は本資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。また、事前の連絡なしに変更されることがあります。■投資信託は、値動きのある資産を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元本を割り込むことがあります。■投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。投資信託のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しします最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および一体としてお渡しする「目論見書補完書面」を必ずご確認のうえご自身でご判断ください。