スマホ用ページはこちら

NISAと何が違うの?

2018年スタート! 知ってはじめる「つみたてNISA」
2018年スタート! 知ってはじめる「つみたてNISA」

NISAと何が違うの?

つみたてNISAは、NISAとは取引方法や対象商品が異なります。
つみたてNISAは、定期的に継続して買付(積立)を行う必要があり、
対象商品については、一定の要件を備えた投資信託等※1に限定されています。
「NISAと何が違うのか?」比較表で確認してみましょう。

つみたてNISAとNISAの制度比較

  つみたてNISA NISA
利用者 20歳以上※2 20歳以上※2
非課税投資枠 年間40万円
(40万円×20年=累計800万円)
年間120万円
(120万円×5年=累計600万円)
非課税期間 最長20年間 最長5年間
口座開設期間 20年間
(2018年~2042年)
10年間
(2014年~2023年)
対象商品 一定の要件を備えた投資信託等 上場株式、ETF、投資信託等
投資方法 積立投資のみ※3 積立・一括投資どちらでも可能
  • 注:つみたてNISAとNISAは併用できず、どちらか一方を選択して利用する必要があります。
    ただし、一度つみたてNISAを選んでも、再度NISAに変更することもできます。
  • 「NISA」は2023年で終了し、2024年以降から新NISAとして新たな制度が開始されます。
  • 上記の内容は、2020年10月時点の情報に基づくものです。今後変更となる可能性があります。
  • ※1つみたてNISAの対象となる投資信託には、公募株式投資信託とETF(上場株式投資信託)があります。 信託期間が無期限または20年以上であることや、販売手数料がかからず、信託報酬率が年率税抜1.5%以下などの法令上の条件が定められています。
  • ※2口座を開設する年の1月1日時点で日本にお住まいの満20歳以上の方が申込みできます。
  • ※3つみたてNISAでの買付けは、「1カ月に1回」など定期的に一定金額の買付けを行う方法に限られています。

毎年40万円を上限に非課税投資枠を利用できます。
各非課税投資枠の非課税期間は最長20年間で、最大800万円が非課税投資の対象です。

つみたてNISA 利用イメージ

ご購入にあたってのご注意事項(必ずご覧ください。)

  • 当ページは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。お申込みに当たっては必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧の上、ご自身でご判断ください。投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社までご請求ください。
  • 各ファンドは投資信託であり、預貯金とは異なり元本が保証されているものではありません。
  • 各ファンドの基準価額は、実質的に値動きのある有価証券等(外国証券には為替リスクもあります。)に投資するため変動します。そのため各ファンドの運用の成果として投資元本を割り込み損失を被ることがありますが、運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
  • 各ファンドの基準価額の変動要因となる主なリスク要素については、投資リスクのページをご覧ください。
  • 投資信託は、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託は預貯金や保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、登録金融機関で取扱う場合、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
  • 本ウェブサイトについて
  • 本ウェブサイトは、りそなアセットマネジメント株式会社(以下、当社といいます。)が投資家のみなさまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。
  • 本ウェブサイトの作成にあたり、当社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている当社の見通し、予測、予想、意見等(以下、見通し等)は、それぞれ掲載時点のものであり、将来予告なしに変更されることがあります。また当社の見通し等は、将来の景気や証券価格等の動きを保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている運用状況や運用実績等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間におけるものであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。