文字サイズ

お客さま本位の業務運営

りそなフィデューシャリー・デューティー基本方針

りそなホールディングスならびにグループのりそな銀行、埼玉りそな銀行、りそなアセットマネジメント(以下、りそなグループ)は、「お客さまの信頼に応える」という経営理念のもと、金融商品の販売や受託資産の運用など様々な金融サービスにおいて真にお客さま本位の取組みを徹底していくための方針として、「りそなフィデューシャリー・デューティー基本方針」を定め、公表しております。

りそなフィデューシャリー・デューティー基本方針

フィデューシャリー・デューティーに関するアクションプラン

上記基本方針のもと、りそなアセットマネジメント(以下、当社)はお客さまの信頼に応えるための具体的なアクションプラン、およびその進捗状況や定着度合を計るための成果指標(KPI)を策定・公表いたします。また、その内容について定期的にご報告するとともに、さらなる取組み高度化のための定期的な見直しを行ってまいります。

Ⅰ.基本方針

  • 「お客さま本位」の姿勢を当社役職員全員で徹底します。
    • 「フィデューシャリー・デューティー」とは、受託者である運用会社が当然果たすべき責務であるとの認識のもと、りそなフィデューシャリー・デューティー基本方針における基本姿勢(「お客さまからの信頼を託された者(フィデューシャリー)として高い専門性と倫理観を持ち、お客さまの喜びや幸せに最大の価値を置き、真にお客さまのためとなる質の高い金融サービスを継続的に提供します。」)を当社役職員全員に徹底いたします。

Ⅱ.最適なサービスの提供

  • 1.お客さまの真のニーズにお応えできる商品ラインアップの整備およびサービスの開発・提供を継続します。
    • お客さまのライフステージ毎の資産形成・資産管理ニーズにお応えするため、これまでにお客さまの投資目的やリスク許容度に合わせてお選びいただける商品や、資産形成を始めていただくきっかけとなる商品、良質な低コストファンドなどのラインアップを整備してまいりました。さらなるお客さまニーズへの対応に向け、グループ内外のノウハウやネットワークを活用し、商品ラインアップおよびサービスの拡充を行ってまいります。
    • 商品の設定にあたっては、お客さまに長期的に継続性のある運用をご提供するため、商品性が重複するような商品や一時の流行に依存した商品など、やみくもな拡充は行わず、真のお客さまニーズにお応えできると考える商品に厳選して設定を行います。
  • 2.お客さまのより良い投資体験に向けた、適切かつ分かりやすい情報提供を細やかに行ってまいります。
    • 真にお客さまニーズに応じた商品のご提案を実現するためには、販売会社様との理念の共有が不可欠との考えのもと、単なる個別商品のセールスではなく、その背景となる中立的な運用全般に関する知識および提案手法を販売会社さまへご提供します。
    • 商品をご提供するだけでなく、商品を保有いただいた後の投資行動がお客さまの投資成果に多大な影響をもたらすとの考えのもと、ファンドの運用状況や相場変動時の投資環境などに関する細やかな情報提供を行います。
  • 3.お客さまの合理的な投資判断に役立つよう、商品の特性やリスク、手数料等について分かりやすい説明を行います。
    • 商品の販売用資料や目論見書は、その商品の値動きの特性や手数料等の事項について、どのようなお客さまにも分かりやすく伝えられるような資料作りを行います。

Ⅲ.質の高い資産運用

  • 1.長期的に再現性のあるリターンをご提供することで、お客さまの投資成果向上に貢献します。
    • アクティブファンドにおいては、確固たる投資哲学、運用プロセスの策定と実効性のあるモニタリングにより、より高い超過収益の獲得に努めます。
    • バランスファンドにおいては、継続的な市場調査/分析に基づく資産配分戦略により、お客さまの期待するリスクやリターンに応じたパフォーマンスの実現に努めます。
    • 外部委託ファンドにおいては、適切なデューディリジェンスおよび継続的なモニタリングを実施します。
    • 充実した運用体制の維持、およびチーム運用の徹底により、パフォーマンスの長期持続性を保ちます。
  • 2.時代に応じた新たな投資機会や効率的な運用を継続的に提供し、お客さまの資産運用効率の向上に貢献します。
    • お客さまの長期にわたる資産形成において、より効率的な運用をご提供するために、伝統的な資産クラスや既存の運用手法のみに固執することなく、新たな投資機会および投資手法を継続的に追求します。
    • お客さまに、より低いコストで良質な商品をご提供できるよう、ファンド運営の効率化と投資手法の研究を継続的に行います。
  • 3.責任ある投資家としての活動を強化し、より良い社会の実現に貢献することで、お客さまのリターン最大化に努めます。
    • 以下3つの具体的施策を通じて企業価値の向上や社会的課題の解決への取組を深化させることにより、お客さまからお預かりした資産の中長期的なリターン最大化に努めます。
      • 投資の意思決定プロセスへの『ESGの組込み』
      • 建設的な『対話・エンゲージメント』
      • 適切な『議決権行使』

Ⅳ.人材・組織

  • 1.一人ひとりがお客さまの真のニーズについて考え、行動し、そのプロフェッショナリズムをお客さまのために発揮します。
    • お客さまに継続性かつ再現性のある運用サービスをご提供するため、運用プロフェッショナルの評価制度の高度化および効果的な育成に継続的に取り組みます。
    • 時代の変化とともに多様化するお客さまのニーズにお応えするためには、多様な人材が不可欠であるとの考えのもと、真のダイバーシティの浸透に向けた取り組みを行ってまいります。
  • 2.組織の独立性とガバナンスを強化し、グループ全体での「お客さま本位の業務運営」の推進に貢献します。
    • 2020年1月より監査等委員会設置会社として新たに社外取締役を迎え、持株会社および系列販売会社からの独立性を確保する態勢の構築・強化を継続します。
    • りそなグループで設置している「資産運用アドバイザリー・コミッティー」において、社外の有識者からの助言や意見・提言を取り入れ、経営に反映させていくことで、当社のみならずグループ全体でのフィデューシャリー・デューティーの取り組みを推進していまいります。
  • 3.議決権行使などのグループ内の利益相反管理の充実に引き続き取り組みます。
    • 「議決権行使に関する行使基準」を適宜見直し、継続的に行使基準の客観性・透明性の向上を図るとともに、行使結果の個別全件開示を継続します。
    • 「利益相反管理方針」に基づき、グループ内の利益相反管理に適切に対応します。また「利益相反管理方針」については、必要に応じ見直しするなど、実効性ある利益相反管理体勢の整備を継続します。
    • 「責任投資検証会議」において、議決権行使を含むスチュワードシップ活動が適切に行われていることを社外第三者の視点で検証し、利益相反管理等にかかるガバナンス体制強化に引き続き取り組みます。

フィデューシャリー・デューティーの取組みに関するお知らせ