スマホ用ページはこちら

運用哲学

運用方針

当社は、以下に掲げる一貫した運用哲学に沿った投資信託財産等の運用を行い、お客さまの中長期的な資産形成に資する安定した付加価値創出を目指します。

  1. 1.運用する投資信託財産等の性質を踏まえ、受託者責任のもと、目標とする運用成果の実現に専念します。
  2. 2.中長期的な視点に立脚した運用を行います。
  3. 3.的確なリスク管理ならびに適切なコンプライアンス遵守を通じ、運用にかかる高い信頼性を確立します。

運用プロセス

当社では、運用哲学および各投資信託財産等に設定した運用コンセプトの一貫性を保持し、その運用品質を高めることを目的として、運用プロセスにかかる以下のPDCAサイクルを構築しています。

運用プロセス

運用体制

各投資信託財産等の運用は、運用各部に所属する経験豊富な運用のプロフェッショナルが担当し、管理部門が運用各部の運用行動や運用実績についてチェックを行います。
また、各種委員会で重要事項の協議等を行い、ファンドガバナンス会議が個々のファンドにおけるガバナンスの適切性を検証することで、投資信託財産等の運用にかかる高い透明性とアカウンタビリティーを実現します。

運用体制

運用担当者にかかる事項